コラム・症例・ブログ

ラバーダム防湿の器具と有用性(院長宮澤)

ラバーダム装着時の唾液が入りやすい箇所を示す画像

  • 投稿日:2019.12.04
  • カテゴリー:

こんにちは、院長の宮澤です。

今回は根管治療や虫歯処置、小児の治療などに幅広く使われているラバーダムをご紹介させていただきます。
以前のコラムにて、「根の治療の成功率を上げるラバーダム」を上げさせていただきましたが、ラバーダムは被せ物を装着する際や小児の誤嚥(間違って歯科機材を飲み込むこと)の防止の為にも有用です。

目白マリア歯科の滅菌パックされたラバーダム防湿の基部

当院では使用するラバーフレーム、ラバーダム装着の際に使用するフォーセップス、クランプなどは全て滅菌パックにて保存しています。

 

目白マリア歯科のラバーダム防湿に使用する滅菌パックの器具の中身

滅菌パックを開くとこのような機材が入っています。

 

目白マリア歯科で使用するラバーダムの画像

青のシートがラバーダムです。
ラバーダムは安価のものから耐久性のあるものまで色々ありますが、当院では使い捨てのものを使用しています。

ラバーダムはゴムのシートですので、患歯に装着するためには次のようなクランプという器具が必要になります。

目白マリア歯科のラバーダムを装着するための様々な形の4つのクランプ

歯の形態などによって色々なクランプがあります。


このような器具を歯に装着するのですが、なかなか想像がつかないと思うので模型に装着してみました。

目白マリア歯科のラバーダムを装着するためのクランプを歯の模型に装着した画像 目白マリア歯科のラバーダム装着時の画像

こうすることで治療中に唾液からの感染や誤飲を防ぐことができます。

しかし、これだけではクランプとラバーダムの隙間(※)から唾液が流入して来ることもあるので完全に唾液の流入を防ぐためにはパテを使用する必要があります。

ラバーダム装着時の唾液が入りやすい箇所を示す画像

※唾液が流入しやすい箇所

 

目白マリア歯科のラバーダム装着時に唾液の侵入防止に使用するパテ

唾液の流入を防ぐためのパテ

 

今回は実際に臨床でどのようにラバーダムを使用しているか、わかりやすくするため動画を制作しましたので、よろしければ下の動画をご覧ください。

根管治療の成功率を高めるためには、厳格に守られた無菌的な処置が必須になります。
高い技術がある先生でも、最高な高価な機材を使っても、この無菌的な処置をおろそかにしている場合は根管治療を行う意味はありません。
まずはいかなる細菌も寄せ付けない環境を作る必要があるのです。

諸外国の根管治療の成功率は70%〜95%に対し、日本の根管処置歯における根尖部の透過像出現率(有病率、つまり失敗率)は約60%、つまり成功率は40%程度です。(2011年 東京医科歯科大学須田教授)

日本の保険医療制度の治療で、ラバーダムや必要機材、治療環境を整えて治療を行うことは限られた時間の中では困難であることが予想できます。
それが日本の根管治療の成功率を低くしている原因の一つであると考えられます。

当院では患者様にご自身の治療を理解していただける様、インフォームド・チョイスを実施していただいております。歯科医師から治療を押し付けることや、説明もなく治療を開始することは行っておりません。ご自身がどの治療を行うかを理解して頂いた上で治療レベルを選択していただくようにしております。

 


門性の高い歯科医療が、すぐそばに。
目白マリア歯科(Mejiro Maria Dental Clinic)
〒161-0033 東京都新宿区下落合3-16-13 グランドール目白1F
tel:03-6908-2923
キッズルーム完備 バリアフリー  マイクロスコープ・歯科用CTなど先端医療機器完備  精密根管治療  怖くない、痛くない歯科治療 世界基準の滅菌レベル


 

カテゴリー・月別アーカイブ