インプラント・入れ歯

歯を失ったらできるだけ早く適切な治療を受けましょう

歯を失ったらできるだけ早く適切な治療を受けましょう

歯を失った状態をそのままにしてしまうと、隣の歯が傾いたり噛み合う歯が伸びたりして歯並びや噛み合わせが乱れ、さまざまなトラブルの原因になります。「目白マリア歯科」ではこうしたお口のトラブルを防ぐために、インプラント治療、ブリッジ治療、入れ歯治療をご提案しています。

患者様の生活背景などまでしっかりヒアリングしながら選択肢をご提示し、治療内容についても丁寧にご説明します。歯を失ってしまったら、お早めに当院までご相談ください。

自分の歯のように噛めるインプラント

自分の歯のように噛めるインプラント

歯を失った場所の顎の骨にインプラントと呼ばれる人工歯根を埋め込み、上からセラミックなどの歯冠を装着する治療法です。人工歯根には生体親和性が高いチタンが使われ、チタンが顎の骨と強固に結合するため、自分の歯のように噛むことができます。見た目が自然で周囲から気づかれにくく、仕上がりが美しいことから近年ではインプラント治療を選ぶ患者様が増えています。

インプラント治療のメリット・デメリット
メリット デメリット
  • 自分の歯のようにしっかりと噛める
  • 天然歯と変わらない美しい仕上がり
  • 1本からでも対応が可能
  • 歯みがきで毎日のケアができる
  • 適切なメンテナンスで長期使用も可能
  • ブリッジや部分入れ歯と違い、周囲の歯に負担をかけない
  • 治療期間が長い
  • 外科手術が必要になる
  • 自費診療になるため費用が比較的高額になる
安心できるインプラント治療のための取り組み

外科手術を伴うインプラント治療には、高度な技術が必要です。当院では患者様に安心して治療を受けていただくため、以下のことに取り組んでいます。

取り組み 01
歯科用CTを用いた精密な診断

インプラント治療では事前に顎の骨の状態や神経・血管の位置などを正確に把握しておく必要があります。当院では歯科用CTによる立体画像で正確な情報を取得しているため、精密な診断が可能です。

取り組み 02
コンピューターによる手術シミュレーション

歯科用CTで得たデータを元に、コンピューター上で事前に手術のシミュレーションを行います。インプラントを埋め込む位置や角度、深さなどを決めておけるため、実際の手術の精度を高められます。

取り組み 03
専門医による症例に適したインプラントの選択

インプラントシステムは、世界的シェアを誇るノーベルバイオケア社やストローマン社ほか、多くの専門メーカーで開発されています。当院では患者様一人ひとりの症例に適したインプラントシステムを専門医が選択し、治療の成功につなげています。

取り組み 04
高度な治療環境の整備

インプラント治療は、完全個室の手術室で行います。衛生管理を万全にした手術室には各種先端機器を備えているため、安全な環境で高度な治療を受けていただくことが可能です。

インプラント専門医による治療

当院では高い知識と技術を持つインプラント専門医が治療を担当します。実績が豊富なので、難症例にも対応可能です。インプラント治療は安心して専門医にお任せください。

不安を取り除く麻酔の取り組み

不安を取り除く麻酔の取り組み

「目白マリア歯科」のインプラント手術には、麻酔専門医が必ず立ち会います。

治療への恐怖心が強い方には、点滴で静脈に薬を入れて半分眠った状態に導く「静脈内鎮静法」も使用可能です。全身麻酔のように完全に意識がなくなるわけではありませんが、ほぼストレスなく手術を受けていただくことができます。

手術中は麻酔医が生体管理モニターで患者様の体の様子を確認していますので、ご安心ください。

「保険」も「保険外」も選べるブリッジ

欠損した歯の両隣にある歯を土台にし、橋を渡すように歯冠が連なった人工歯を装着する治療法です。土台となる歯の位置や人工歯の材質により、保険診療か自由診療に分かれます。

保険が適用される「金パラ」

金パラ

歯科鋳造用12%の金銀パラジウム合金(金パラ)は保険適用で比較的安価な歯科金属ですが、症例により保険適用にならない場合があります。金属を含むため重たく、金属アレルギーのリスクもあります。

メタルフリー素材の「ジルコニア」

ジルコニア

比較的軽く、金銀パラジウム合金に比べて目立たない素材です。プラークがつきにくいうえ金属アレルギーの心配もありませんが、保険適用外となります。

ぴったり合う入れ歯のご提案

「つけていると痛い」「すぐに外れる」「食べ物を噛みにくい」というお悩みがあるなら、入れ歯がお口に合っていない可能性が考えられます。合わない入れ歯を我慢する必要はありません。当院でお口に合う最適な入れ歯をご提案しますので、快適な生活を楽しみましょう。

取り扱い入れ歯

レジン床

レジン床

歯ぐきに当たる床部分がレジン(歯科用プラスチック)でつくられた入れ歯です。保険適用のため費用を抑えられますが、入れ歯であることを周囲に気づかれやすいというデメリットがあります。また、床部分に厚みがあるため違和感が出やすく、硬いものが噛みにくい場合があります。

金属床

金属床

床部分が金属でつくられた入れ歯です。床が薄くても強度があり、軽いのが特徴です。熱伝導率が高く温度を感じやすいので、レジン床義歯に比べて温かい食事を楽しめます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

保険適用の部分入れ歯から、金属のバネ(クラスプ)をなくしたものがノンクラスプデンチャーです。歯ぐきに似た自然なピンク色の素材で目立ちにくいうえ、弾力があってフィットしやすいという特徴があります。